摩訶不思議な音の世界〜蟹のカノン

カノンという音楽形式があります。パッヘルベルのカノンが有名ですが、カノンというのはメヌエットなどと同じで音源形式の名称です。ひらたくいってしまうと輪唱なのですが、そうすると「カエルの歌」もカノンかな? 摩訶不思議な音の世 Read more about 摩訶不思議な音の世界〜蟹のカノン[…]

S.V.P / Astor Piazzolla

  フランス語圏に行きますと、 看板などでよく目にする「S.V.P」の文字。 S’il vous plait = Please(お願いします) という意味なのですが、   お願いされているというよりも、 執拗に大きな文字 Read more about S.V.P / Astor Piazzolla[…]

無伴奏チェロ組曲より「プレリュード」/ J.S.Bach

まだ何も成し遂げていない、 そんな自分が言うのは とてもおこがましいことかもしれませんが 、   夢を持った若い人たちに どうしても伝えておきたいことがあります。     一生懸命に夢に向かっているものに 遊び半分で邪魔 Read more about 無伴奏チェロ組曲より「プレリュード」/ J.S.Bach[…]

ダニーボーイ / 新録音

ひとりで歩く一本道。   この道の先には、 きっともっと強くなった 大人のボクがいると思っていました。   でも、 そこにいたのは、 あの日ひとり泣いていた 小さな少年。   だから、昔歌った歌を もう一度口ずさむのです Read more about ダニーボーイ / 新録音[…]

主よ人の望みの喜びよ / J.S.Bach

  空気の読めない父、言葉のたりない母、 時々、イライラさせられることもあって、きっと、自分の悪いところはこの人たちから受け継いで、 失敗はすべてこの人たちのせい、そんなふうに思ったこともありました。  言いそびれないう Read more about 主よ人の望みの喜びよ / J.S.Bach[…]

ちょっと早めの Xmasプレゼントです

  いつもこのブログをご覧いただいています皆様に、ちょっと早めのクリスマスプレゼントです。クリスマスソング、3曲をメドレーでお届けします。 曲目はトラディショナルソングで、 「ああベツレヘムよ」「もみの木」「神の御子は」 Read more about ちょっと早めの Xmasプレゼントです[…]

アベマリア / グノー作曲

  とてもつらくなるのは、 ひとりで過ごす、静かな夜、許せない誰かを思い出したとき。 それよりも、もっとつらいのは、傷ついてしまった自分すら許せないとき。   そんな、どうしようもなくやりきれない気持ちのときに、 ただ黙 Read more about アベマリア / グノー作曲[…]

innocent heart / アコーディオン編

前略 時のたつのは早いですね。ちょっと気を抜くとあっという間に時間が過ぎていきます。ボクは毎日同じ事の繰り返しで、でも何か少しずつ新しいものに向かって、歩みを進めることが出来ているような気がします。 先日、父と接していて Read more about innocent heart / アコーディオン編[…]

亡き妻を祈る歌 / アコーディオン編

photo by GlasgowAmateur おじさんの奥さんが死んだとき、 それはもうひどい悲しみようで、 そのまま、おじさんも死んでしまうんじゃないかと思った。 ある知り合いのお坊さんが、 女の人は夫を亡くしても案 Read more about 亡き妻を祈る歌 / アコーディオン編[…]

ジムノペティ第1番 / エリック・サティ

  以前にEPで出したアルバムの曲から、新しい機材でリミックスしました。 数寄屋民家で録音したもので、その自然な響きを生かしています。録音したのが秋だったので、よく耳を澄ますと後ろに地虫の声も入ってます。 演奏曲はサティ Read more about ジムノペティ第1番 / エリック・サティ[…]

人魚と暮らした日々 / カミデタカシ

  人魚姫は愛する王子様のもとへ行くために、その美しい声を失いました。 王子様は恋いこがれた人魚姫がそばにいるのに気づきません。なぜなら、王子様はその美しい声を忘れられなかったからです。 やがて、人魚姫の想いは泡になり、 Read more about 人魚と暮らした日々 / カミデタカシ[…]

無伴奏チェロ組曲 プレリュード

 アコーディオンのフリーベースとスタンダードベースの大きな違い。フリーベースの場合は、「えっ?これアコーディオン?」という演奏で、スタンダードベースの場合は、「きたきたー!アコーディオンの音!」という感じ。  だからスタ Read more about 無伴奏チェロ組曲 プレリュード[…]