E-muプロテウスのラックマウント金具

 音楽製作もほぼパソコンひとつで出来るようになりました。音楽製作もパソコンの中のソフトウエア音源を使い、ハードウェア音源の出番も無くなってきたので、売りに出そうかと考え中です。

IMG 2068 

  E-muのプロテウスのオーケストラ音源はオークションでも比較的高値で落ちます。これは拡張音源ボードも二枚はいっているので(エスニック音源と追加特別オーケストラ音源)高値が期待できそうです、

 が!

  これをラックにマウントする金具をなくしてしまいました。これをなくされる方、多いんですよね。オークションでもこのラックマウントの金具が付いているのといないとでは、落札価格もかなりと違ってくるのです。

 

 そこで、ホームセンターで売っているL字型の金具を使ってみました。

IMG 2069

 それなり収まるのですが、穴の位置がラック側と合いません。

 で、ネットで探したところオリジナルと形状が良く似たものがありました。

P00000059 1 png5659 1

 

左からパイオニア製TOA製です。

パイオニア製は本体と接合する部分の穴の位置がちょっと違うように見えたので、TOA製を注文してみました。

IMG 2070

 前面部が段になっているのでワッシャをかまして調節しました。これは期待大ですね!

 

 しかし。。。。

 

 IMG 2071

 横幅があるためにはみ出してしまいます。オリジナルと比べると一目瞭然ですね。

 

 そこで、片方にTOA製、片方にオリジナルを使ってみました。

IMG 2072

 見事収まりました!今回使用したラックは枠があるタイプなので若干この部分に引っかかってしまうのですが、ねじ止めは可能なので使用する分には問題ないようです。外枠の幅に余裕があるタイプのラックであれば全く問題なく使用できそうです。

 

 今回はオリジナルと併用したのでTOA製のものでも使えましたが、オリジナルがないときにはどうしたイイのでしょうかね、可能性としては上に上げたパイオニア製であれば横幅がないのでラック側での問題はないように見えます。なので本体側に金具を固定するためのねじ穴を新たに開けて使うというやり方が出来るかもしれません。

 ただ、パイオニア製が入手困難のようなのでさらにネット検索かけてみると下記のものが見つかりました。

Catalyst rckmnt 1ru

これはかなりイイかもしれません。

RCKMNT-1RU

という商品です。新品はちょっと高めのお値段ですが、いまのところ中古もあるみたいで、こちらはお買い得ですね。ねじ穴の位置の自由度も大きいですね。ワッシャで前面の段差を固定して、ラック幅の位置もワッシャ等で調整すれば問題なさそうです。最初からコチラにすれば良かったかもしれませんね。

 

 E-mu音源のラックマウント金具に関しては、お困りの方も多いと思います。少しでも参考になればうれしいです。上記の商品、もし試された方がいらっしゃいましたら、是非ご感想ください!




追記:上記の商品を購入して試してみましたが、本体との取り付け位置の穴が合いませんでした。ラックマウント側も幅が狭いような気がしました。難しいですね。

Share on Facebook4Tweet about this on TwitterShare on Google+0


痩せ菌を増やすサプリメント「くろしろ」



<スポンサーリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。