ヒビノカケラのこれから

只今、ニューアルバムの制作中です。「ヒビノカケラ」のこれからのことをお話ししたいと思います。

NewImage

ヒビノカケラのこれから

<楽器や機材を探すなら>
サウンドハウス

🎸使わなくなった楽器 高価買い取り「中古楽器堂」💰

パピルスとの統合

お正月のご挨拶でも触れましたが、「パピルス」で作っていた物を今後は「ヒビノカケラ」で発表していきます。

当初はエレクトリック・ミュージックのパフォーマンス用に「パピルス」という名前で音楽を発表し始めました。その後、毎月カヴァー曲の配信をするために「ヒビノカケラ」の名前で発表するようになりました。しかし、現状の制作ペースでは当分パフォーマンスに割く時間も無いので、よく似たふたつのスタイルで配信するよりも、ひとつに統一する方が合理的と考えました。

また「音楽配信」もミュージック・ビジネスの中で確実に定着しつつあり、今後自分の作品を発表する場として、ライブ・パフォーマンスよりも自分にとってはとても有益だと思います。もともと引きこもって一人で何かをするのが好きなので、今の制作スタイルは自分にものすごく合っていると思います。

そういった意味からも自分の作品を発表していくスタイルとして、ひとり引きこもって製作する音楽は「ヒビノカケラ」ひとつに統一することにしました。

「パピルス」のWebページは、サーバとの契約満期となる本年度10月をもちまして終了することとします。

 

アルバムアート

今まで「ヒビノカケラ」のアルバムアートは一緒に暮らしている犬たちの写真を使っていました。 しかしあまりにもパーソナルな感じがするので、コンセプトにあったアルバムアートを描けるプロにお願いしようと思っていました。

そんなとき、以前から気になっていたソフトウェア「Corel Painter」が「特別割引価格」で販売されていたので、お試し無料版で絵を描いてみました。

アロワナ

完成したのがこんな感じです。これは単純にマウスで写真をなぞりながらサクッと描いてみたのですが、結構直感的に使うことができました。ちょっとお高いですが使いやすかったので購入しました。ついでに「ブラシセット」も全部購入😄お正月早々、散在しまくりですね💰

 

もともと絵を描くのは好きだったので、New Albumのアルバムアートも自分で描いてみました。冒頭にあるアルバムアートです。今回はちゃんとペンとタブレットを使ってきっちり描きましたよ😜

哀しみの中にも希望を見いだすような感じの絵を描きました。傷だらけの心の中に真の輝きがあるということを表現してみました。象の左目が輝く盾になって、傷ついた心の奥にある希望を守っています。そして右の目は慈愛、左の目は強さを表しています。

 

これからすべての作品のアルバムアートを自分で描いていきます。その方が自分が作りたい音楽のイメージを絵にすることができそうですね。音楽と絵とセットでより自分のメッセージを伝えられそうです。

 


COREL Painter 2018(Windows/Mac) 特別優待版

 

No one hurts You

ニューアルバムのタイトルは「No one hurts You」です。

アルバムは「パピルス」で以前発表したもの4曲をリミックス、新しくアレンジして録音した曲が2曲、新曲が4曲となります。タイトル曲の「No one hurts You」はアコーディオンで発表したものを再アレンジしました。この曲はいじめによって自殺に追いやられる人たちに対してのメッセージとして書いた曲です。

世の中は常に正しいことをした人が評価されるわけでもなく、とんでもなく身勝手な人に天罰が下るわけでもありません。本当に理不尽なことばかりです。でも、そんな中でも常に希望は存在します。ひとりひとりの心の中にある希望の光は誰にも傷つけることはできません。自分の中にある小さな奇跡を信じて歩き続けることで、人は自分だけの何かを見いだすことができるのではないでしょうか。

今回のアルバムでは人間の卑しさと浅ましさを知りつつも、ひとりひとりが希望を失わず歩いて行くことの大切さを表現してみました。だからアルバムタイトルは、「No one hurts You」なのです。

 

 

楽天市場でお買い物

 



もしこの記事が気に入ったら
Facebookでイイネ、または
Twitterでシェアしてくださいねー♪

Share on Facebook5Tweet about this on TwitterShare on Google+0


痩せ菌を増やすサプリメント「くろしろ」



<スポンサーリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。