Mac mini 2010 メモリーを16Gに増設

キッチンで使用しているMac mini 2010ですがOS Sierraにしてから8Gのメモリーがぱんぱん状態です。Spotify聴きながらネットで調べ物をして、お気に入りのApple Extended Keyboardで記事を書いていてると、だんだんカクカクし出します。調べてみると現時点で16Gまで増設できるということなので、作業効率をあげるために増設です。

Mac mini 2010 メモリーを16Gに増設

<楽器や機材を探すなら>
サウンドハウス

🎸使わなくなった楽器 高価買い取り「中古楽器堂」💰

👴🏻老体にむち打ちながら

セカンド・コンピュータに2010年製のMac miniを使っています。スーパードライブがついていて、CDをじかに聴くことができる最後のモデルですね。

NewImage

コンピュータの世界では、2010年製の製品といえばもうほとんど現役引退なのですが、ハードディスクをSSDに交換しているので一般使用には全く問題ないレベルです。ただ、これは老齢の方がハードな仕事をせずに軽い仕事ならOKというレベルかもしれません😩

 

最近キッチン設置、PCオーディオ化してこのMac miniでブログ記事を書いています。引きこもったレーコーディングルームよりも、最近、窓から光が差し込むこの場所で作業することも多くなってきました。

しかし、音楽をかけて Safari を開いて調べ物をしながら記事を書いていると、時々動きがおかしくなってきます。その都度、空きメモリーを整理しているのですが、なんかしんどそうな感じです。同時にアプリケーションを3つ以上起動すると8ギガのメモリーでは厳しい状態になります。ネットの読み込みも無線ではなく有線接続なので速いはずなのに、ソフトウェアの読み込みや起動がやたら遅い🐢

 

やっぱり、スタジオでパソコン作業するかな

でも、窓のある広い空間で

NewImage

 

音楽聴きながら🎧

調べ物して👀

記事は書きたい🖋

 

調べてみると、現時点で古いMac miniでもメモリーは16ギガまで増設できることを知りました💡8ギガがMaxと思っていたのでこれはうれしい限り。16ギガになると、もたつき感がかなり解消されるはずです。

 

🚚Amazonにてゲット

2010年あたりのMac miniやiMacのメモリは、1066MHzのDDR3が標準です。現在は1333MHzが主流なので入手するのは結構困難です。無理して1333MHzのものを使うとクラッシュします。

早速、アマゾンで検索してみたところ1066MHZのDDR3がありました。18G2枚の16G、14480円(2017/11/16現在)安い!最近ではヤフオクよりも安価で手に入りますね。この価格でメモリ16Gにアップグレードです。

アマゾンは在庫がたくさんあると思って安心していても、気がついたら在庫切れになっていることもよくあるので、早めにゲットです(現在すでに在庫切れのようです)!

<SO-DIMM-DDR3 永久保証 Amazon.co.jp>

16ギガは現在、在庫切れなので、リンク先は8ギガのものになります。運良く在庫があれば、1066MHZのDDR3 16ギガのメモリがここで選択可能です。

<スポンサーリンク>


💪🏻まだまだ現役

とりあえず、16ギガに増設完了!やっぱり目に見えてきびきび動くようになりました🐇💨

で、キッチンにパソコン置くと炒め物料理に困るんで、リビングに移動しました。アンティーク家具との調和がなにやら気分も一掃して、ここが第二の仕事場ですねやはり明るい開けた場所だと気分も爽快、記事を書くのもはかどります。

NewImage

プライベートスタジオでは音楽制作🎼、リビングでは記事を書く🖋、場所を分けた方が気持ちにメリハリがつきますね

 

この記事をごらんのアナタも、お手持ちの古いマシンを少しの投資でパワーアップしてみませんかー1066MHZの16Gメモリはすぐに在庫切れになるんで、お財布に余裕がある時に見つけたら即ゲットです

 

楽天市場でお買い物

 



もしこの記事が気に入ったら
Facebookでイイネ、または
Twitterでシェアしてくださいねー♪

Share on Facebook2Tweet about this on TwitterShare on Google+0


痩せ菌を増やすサプリメント「くろしろ」



<スポンサーリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。