Reason 初心者入門〔其の参)

前回前々回とReasonのデバイスを使った初歩的なレコーディングにふれました。今回はシーケンサーの中の便利な編集機能、BLOCCKSについて書いてみたいと思います。

R10 release banner 01 lg 1efa28cefae7 

Reason 初心者入門〔其の参)

<楽器や機材を探すなら>
サウンドハウス

🎸使わなくなった楽器 高価買い取り「中古楽器堂」💰

💡便利な機能 BLOCKS

Reasonのシーケンサの機能の中には通常のSongモードと、ヴァージョン5から追加されたBlockモードがあります。以下、英語のMovieですが、Blockモードのだいたいの概要はわかると思います。

Blockモードで曲をイントロ、Aメロ、サビ、エンディングなどとそれぞれ製作して、最後にSongモードでまとめるというもの。アイデアの断片やパターンをBlockモードで製作、それをSongモードでつなげていってさらにアレンジしていく等、アイデア次第で使い方は様々です。

 

🔨BLOCKSを使って製作

前回前々回で作った曲をBlockモードを利用して発展させていこうと思います。まずはSongモードで作った曲をBlockモードにコピペ、そこからBlockをSongモードに読み込んで編集していきます。

それでは、Movieをご覧下さい〜😉

<楽器や機材を探すなら>
サウンドハウス

🎸使わなくなった楽器 高価買い取り「中古楽器堂」💰

🔍さらにBLOCKを編集

ここからBlockを編集しながら曲を構成していきます。

Blockは各レーンの細かい編集ではなく、ざっくりとした全体の編集に向いています。もちろん、SongモードからBlockモードに入ることで各レーンの細かい設定も可能です。ここでは、SongモードでのBlockを使った全体の編集をします。

それでは、Movieをご覧下さい〜😉

 

👀いろんな事ができるReason

いろんな事ができるReasonですが、その多様性からその機能を駆使した音楽をつくらなければならないと構えてしまいます。実はボクもそのクチでした。

 


【即納可能】Propellerhead Reason 10(新品)【送料無料】

 

最初の一歩は、今回のような簡単なものから作り始めて、だんだんとその機能を活かした活用法を見つけていけばイイと思います。Reasonで書きたいことはまだまだあるので、「Reasonのお勉強」というカテゴリーを作って今後も書いていきます。

次回はオーディオトラックを使ってメロディーパートを作成していきたいと思います。

 

楽天市場でお買い物

 



もしこの記事が気に入ったら
Facebookでイイネ、または
Twitterでシェアしてくださいねー♪

Share on Facebook4Tweet about this on TwitterShare on Google+0


痩せ菌を増やすサプリメント「くろしろ」



<スポンサーリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。