WaveformでMelodyneのARA機能の連携

Mac使用環境において、WaveformでMelodyneのARA機能が使えないという問題が発生していました。メーカーに問い合わせてみたり、いろいろ試してみて、その解決方法がわかりましたので、お困りの方はご参照ください。

WaveformでMelodyneのARA機能の連携🎶

WaveformScreenSnapz001

 

☝️ARA機能について

DAWなどでエフェクターや他の音源を使うときは、AU(Macの場合)、VST等のプラグインを利用して他社製品をDAWの機能拡張として利用します。

 

ARA機能とはDAWと連携させて、DAWそのものの機能として使うことが出来ます。ARA機能とは「Audio Random Access」の略です。MelodyneにはこのARA機能があって(Malodyneの「Celemony社」Studio Oneの「PreSonus社」との共同開発)、Waveformで利用可能です。

簡単に言ってしまうとMelodyneの通常のプラグインでの使用では、音声ファイルを「再生させながら」読み込んで解析というプロセスなのですが、

 

ARA機能を使った場合、音声ファイルを「直接読み込んで」解析となります。

 

つまり「再生させながら」読み込ませるという、ひと手間が必要なくなります

5分ほどの長いファイルだったら、再生させずに即変換できるので作業時間の短縮になりますよね。短い音声ファイルでも量が多くなれば、この時間の短縮は下なりのストレス軽減となります。

 

😱Waveform、ARAが使えない?

で、早速、愛用のMacProでWaveform を起動してARA機能使用して編集をしようとするのですが、AudioファイルをMelodyneの形式で変更後、何をやってもEdit画面が開きません

通常なら画像にある「Melodyne」のところをクリックしたら、Edit画面が出るはずなのですが全く反応しません。

2017 09 17 14 21 05

 

プラグインとして、Melodyneをトラックに差し込んで解析する事は可能なのですが、これだとファイルをいちいち再生して解析させないといけない。

シームレスに変換できるはずなのにこれは困った。

 

もともとWaveformの購入理由がこの部分を使いたかったというのもあるので、かなりへこみました。

 

<スポンサーリンク>


💡問題の解決方法

Macは通常、プラグインにAU(Audio Unit)という形式を使います。たいていの場合、AU形式で使うことが一般的です。ボクはWaveformの最初の設定でこのAU(Audio Unit)形式しか読み込ませていませんでした

よく調べてみると、このARA機能というのは、「VST3」形式のみの拡張機能らしいということがわかりました。AUでは機能しないのです。VSTだけでご使用の方も同じく機能しません(ただしMacではMelodyneのVST読み込みはエラーが出ます)。ARAが使えるは「VST3」のみです

ということでWaveformの設定画面–>プラグイン–>スキャンと並べ替え–>VST3を選んで読み込ませます。

 

 

Melodyneのユーザー登録が完了していたら、これでEdit画面が現れます。

単純な初期設定ミスでした。

 

これで問題なく、WaveformでMelodyneのARA機能を使うことができます。

 

楽天市場でお買い物



もしこの記事が気に入ったら
Facebookでイイネ、または
Twitterでシェアしてくださいねー♪

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0
<スポンサーリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。