piano 4 Music (4)

今回で4作目となる「piano 4 Music (4)」の配信開始となりました。今回のアルバムは今までよりもJazz色が強くなりました。

piano 4 Music (4)

曲目

収録曲の紹介をしていきたいと思います。

時代

この曲の持つ説得力みたいなものをピアノだけで伝えるのは難しいのですが、全体のメロディを丁寧になぞりながら、ピアノで語るように弾いてみました。

妖精

オリジナル曲です。このシリーズでは初登場です(笑)。これは以前ブログ演奏したものを、そのままリマスタリングして使用しました。

Old Folks

超有名なジャズスタンダード・ナンバーですね。故郷の人々という意味です。ふるさとに思いをはせるような、そんな感じでピアノを弾いてみました。

ゲット・バック

ビートルズの名曲ですね。ピアノバーでたまたまお客さんからリクエストがあって、ピアノで弾いてみたら面白かったので今回録音してみました。

アルバムアート

P4M4

いわずと知れた「東京タワー」です。色調がシルキーな感じなのは、ズミクロン35mm、俗にいう8枚玉というレンズで撮ったからでしょうか。ボクの持っているこのレンズはこういう描写をします。

「昭和の顔」のようで古き良きもののようなイメージ、その時代が古き良き時代だったどうかは正直わかりませんし実感がわきません。でも、ずっと昔からあった「大切なもの」みたいなものは今も生きていて、ずっとこれからも受け継がれていくものと思います。

それは、人の中にある「思いやり」のこころ。傷ついた人を見ては自分の事のように共感していたわり、悲しみを分かち合い、幸せを共有する時間を大切にする。そういったものは今も昔もずっと生き続けていて、これからも変わることなく生き続けていきます。

今回の収録曲もどこか「郷愁」のようなニュアンスを漂わすものだったので、古き良き時代のイメージの「昭和回帰」という感じで、東京タワーを使ってみました。

今後の配信について

<スポンサーリンク>


 

先日ブログ記事でも書いたように、今後は定期的な配信というよりもコンセプトのあるアルバム配信と切り替えます。そのため配信も不定期となります。

「村尾コージ」さんのパーカッションとの 新ユニットを「緒方悠」でやるつもりでしたが、こちらはソロ・ピアノで継続して行こうと思います。新ユニットは別のかたちとなります。

また無料音源などの配信も開始しました。ピアノソロは「緒方悠」の名前で掲載していこうと思います。

音楽を聴く

音楽をお聴き頂く場合は下記リンクより、よろしくお願いいたします!

Spotifyはアプリをダウンロードすることで無料で全曲聴くことができますプレミアム登録(月額980円)だと広告なしの高音質で聴けます。

AppleMusic(月額980円)も同時配信開始です。ご登録されている方は聴き放題です!

 

 

楽天市場でお買い物



もしこの記事が気に入ったら
Facebookでイイネ、または
Twitterでシェアしてくださいねー♪

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0
<スポンサーリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。