摩訶不思議な音の世界〜蟹のカノン

カノンという音楽形式があります。パッヘルベルのカノンが有名ですが、カノンというのはメヌエットなどと同じで音源形式の名称です。ひらたくいってしまうと輪唱なのですが、そうすると「カエルの歌」もカノンかな?

摩訶不思議な音の世界〜蟹のカノン

カノンの形式

子供の頃、「カエルの歌」 をみんなで歌って遊んだ記憶があります。「かえるのうたが〜♪」と誰かが歌うとその後を引き継いで次の子が歌う。で最後には「ぐわっぐわっぐわっ」のところでカエルの大合唱のようになります。

カノンという音楽形式もフレーズの追いかけっこで出来ている形式ですが、カエルの歌が同じフレーズを後から追いかけるのに対して、カノンの場合は「異なる音で始まるものが含まれる。また、リズムが2倍になったり、上下または左右(時間の前後)が逆になったような特殊なものをも含む(wikipediaより)」と、結構バリエーション豊富で複雑です。

バッハの蟹のカノン

ここでは逆行カノンをとりあげます。逆行カノンはフレーズが正面と逆から追いかけっこをします。和声が横歩きの状態から「蟹のカノン」という名前が付いたといわれています。

とりあえず動画を見ていただければわかりやすいと思います。

演奏動画

<楽器や機材を探すなら>
サウンドハウス

🎸使わなくなった楽器 高価買い取り「中古楽器堂」💰

これは蟹のカノンを演奏している動画です。二つのフレーズをばらばらに弾いて、最後には一緒に演奏するというものです。

動画は3年前に撮ったものです。髪の毛が短髪でちょっとぽっちゃりしてます。だからか、なんか若く見えます(笑)。この動画はリビングで撮影しました。扇風機が後ろでまわっているのが生活感が出てて笑えますね。ハルちゃんも声で出演しています。

蟹のカノン Tシャツ

Tシャツも作りました!これを着た人に前に立ってもらって演奏するのも良いかもしれませんね!

音に隠された仕掛け

現代の音楽、エレクトリック音楽やJazzでもいろんな仕掛けが隠されていることがあります。作る側はその隠したサインを「わかるかな?」なんて思いながら作っています。

そういった隠れたメッセージを探して見るのも面白いかもしれませんよ。

 

 

楽天市場でお買い物



もしこの記事が気に入ったら
Facebookでイイネ、または
Twitterでシェアしてくださいねー♪

Share on Facebook10Tweet about this on TwitterShare on Google+0


痩せ菌を増やすサプリメント「くろしろ」



<スポンサーリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。