今頃、クリスマス曲集?

なぜか最近、去年のクリスマスに用に配信した「ヒビノカケラ」のクリスマス曲がApple Musicでヒットしています。検索も上位になっているのですが、なぜだろう?

ヒビノカケラ7

調べてみるると、この曲で使ったピアノが全部、Native Instruments(以下、NI)というメーカーの音源で、ちょっとしたチェック用のデモ音源のようになっているようです。

NIは今、アップグレード半額セールをやっていて、セール中のKOMPLITEに含まれる3種類のピアノの音が「ヒビノカケラ Vol.7」でそれぞれチェックできるようになっているんですね。

 

理由はともあれ、聴いていただける人が増えるのはありがたいことです。

 

かなり季節外れですが、よろしければお聴きください〜♪

Apple Music

 

1.「クリスマスイブ」は山下達郎さんの名曲ですね。
これは、厳粛な雰囲気にしたかったのでMAVERIKにしました。

2.「クリスマスソング」はJazzyな感じを出したかったので、
GENTLLEMANとベースを入れてジャズトリオでの演奏にしました。

3.「きよしこの夜」は、GRANDERでゴスペルピアノ伴奏風にしてみました。

各音源のリンク記事も併せてご覧下さい!

 

 

Spotifyをご利用の方はコチラからどうぞ!

もしよろしければ、Spotifyでもフォローくださいね〜♪

 

Share on Facebook5Tweet about this on TwitterShare on Google+0

今頃、クリスマス曲集?」への2件のフィードバック

  • Twitterからきました。
    連日、お騒がせします。(笑)
    ジャジーなパラパラパラッて感じも、ゴスペルなタメや強弱や楽器の絡みも、素敵でした。
    何で、売れてるの?って不思議な現象って確かにありますよね。
    僕の場合、ほんの小さな物ばかりで、それ程大きな現象はありませんでしたが。(笑)
    でも、僕は、売れる売れないに運なんて関係ないと思ってます。
    それを引き寄せるのは、本人次第だと思ってます。
    そんな事を過去にブログに書いた事もあるくらい、知る人ぞ知る的な、僕の耳タコな口癖ですが。(笑)
    この勢いでガンガン引き寄せられるといいですね。
    人の出会いは、必然で、大体、似た様なレベルの人間が自然と集まるともいいます。
    ここで、ヒビノカケラさん?って呼んだ方がいいのかな???
    ヒビノカケラさんがどんどん売れてくれれば、僕も、どんどん流れを呼び込めそうな気がしてくるから不思議です。
    そう言う意味だけではなく、素直に、この曲達がたくさんの人達に聴かれて良かったなって思います。
    さ、俺もボチボチ売れたろかい!ってか!(笑)
    お邪魔しました。

    • こちらに訪れて頂いた上に、コメントまでありがとうございます。

      皆見さんのブログ、読みやすくて記事の内容もとても参考になります。自分は無精なのでブログ更新もサボりがちですが、ツイッターで出会った人たち、みんながすごくブログをまめに更新しているのを見て、勤勉さを見習おうと思っています。

      今回の曲は、Native Instrumentsの音源を使いましたとディストリビューターの紹介欄で書いたので、それがヒットしたのかな。これもNI製品のセール期間が終わればフードアウトしていく現象のようにも思えますが(笑)、とりあえず知らない人たちに知ってもらえるきっかけは大事ですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です