Ivory Grand Pianos レビュー

SYNTHOGYIvoryピアノシリーズのNewバージョンが発売されました。

2017 06 03 0 37 30

他の追従を許さない最高峰といえるピアノ音源の最新作。Steinway Model BBösendorfer 225を24ベロシティ・レイヤーで112ギガにも及ぶ膨大なライブラリです。プロダクツ詳細はMIのページよりご参照頂くとして、ここではボクの個人的な使用感を書いてみたい思います。

 

 

☆Ivory V2.5☆

 

今回から Ivoryのヴァージョンが2.5になりました。2.0以降をお持ちの方は、無償でアップグレードできます。ボクは無償でアップグレードできると知らずにV2.5が欲しいが故にGrand Pianos本体を買ってしまいました(苦笑)。このv2.5での変更点は以下、

 

  • サステインとディケイを調整するユニークな”Shimmer”新機能
  • 新しいハーフペダル・コントロール
  • MIDI CC割り当てのサポート(スタンドアロン、Mac)
  • 高解像度MIDIベロシティ
  • ユーザーインターフェイスの改善
  • iLokキーおよびPACEマシン・ベース・ライセンスに対応

 

特に”Shimmer”新機能ハーフペダル・コントロールが素晴らしいです。是非、無償でアップグレードしてください。

 

”Shimmer”新機能は、サスティンとディケイのコントロールと書いてあるだけで、「だからなんなの?」と思う人も多いと思います。

2017 06 03 1 28 24

コレはピアノを弾いて鍵盤を放すと音は止まると思われているのですが、実際にはピアノ本体に残響が残っています。で、コレは高級な無垢材を使ったピアノほどわかりやすく残響が残る傾向にあります。うちのアップライトピアノですらそういった挙動をします。ちなみに合板のリーズナブルなピアノは、すぱっと音が切れて残響とかもあまり感じられません。

これを再現したのがShimmerという機能ですね。ピアニストとしては本当に気持ちのイイうれしい機能です。名だたるピアノメーカーのピアノはこの挙動しますから。この部分まで再現している音源は皆無ですね。

ただこれは、ソロピアノで本物のようにしたいときには良いかもしれませんが、アンサンブルでは邪魔になるかもしれません。すぱっと切れてくれる方がMixがしやすいです。マイク録りした場合もそういう部分はカットするかな。だから通常の音源としての用途では使わないでしょうかね。

 

ハーフペダル・コントロールはさらに細かな設定が出来るようになりました。なんかもう、これだけでいろいろ弄りたおしたくなりそうです。

2017 06 03 1 17 44

2.0以上をお使いの方は、くどいようですが無償でアップグレード出来ます。

 

 

☆Grand Pianos☆

まず112ギガのファイルダウンロードに半日かかりました(ふぅ〜)。

今回からiLok Keyのライセンスが2個になりました。デスクトップだけでなくノートに入れて持ち歩けるようになったわけですね、112ギガを...。

メーカーのデモ演奏でも今回はJazzが多いですね。これはつまり24レイヤーを活かした、突発できなフォルテシモでも音が濁りませんよ−!ということをアピールしているのでしょうね。

 

で、実際のところ...

ほんとうに弾いていて気持ちイイです〜♪

これはやみつきになりそうです。ピアノ音源の場合、本物のピアノとは別物という認識で演奏しますが、これはもうそういった気遣いは入らないレベルです。フォルテシモも悲鳴を上げません。通常、midiデータでベロシティレベル100を超える音はピアノ音源では使えないことが多いですが、これはそのレベルでも使えそうです。

結局楽器というのは、奏者が弾いていて気持ちのイイものが良い演奏に直結しますので、そういった意味でもこの音源を手にする価値は充分にありますね。

 

ま、こんな感じで弾いてみました。修正なしの即興演奏です。

 

 

Bösendorfer 225

プリセットはオーソドックスなものを使いました。

2017 06 03 2 20 02

 

冒頭の低音はほとんど暴力的に振り下ろしています。それでも悲鳴を上げていません。このへんは今までの音源では絶対出来ない表現ですね。そのあとはピアニシモ で対比させています。

 

Steinway Model B

こちらもオーソドックスな音色を選びました。

2017 06 03 2 20 47

 

もうほとんど暴力的といえる感じで弾いています。普段、こんな感じでピアノを弾くことはないのですが、こういうのも大丈夫というデモです。こんな無茶な弾き方をしても大丈夫な音源、ほんとうに凄いと思います。

 

本物ピアノなら個人的にボクはBösendorferが好きなのです。自分でじっくり選んで買うことが出来るならBösendorfer、とりあえずくれるというのなら当たり外れのないSteinway、どちらも今後なさそうなので、当分この音源とつきあうことになるでしょう。

 



ブログランキングに参加中です!
是非、クリックお願いします〜♪

Share on Facebook12Tweet about this on TwitterShare on Google+0
<スポンサーリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。