製作で使用している、チェロ音源

5月10日、2ヶ月ぶりに「ヒビノカケラ Vol.11」が配信されます。今回は収録曲3曲それぞれに違うチェロ音源を使ってみました。

 

今手持ちのチェロ音源はEmbertoneのBlakus CelloCinesamplesのTina Guo、そしてBest Service のEmotional Celloの3つを曲調に応じて使い分けています。

全部、Kontakt音源ですね(笑)。

早速、デモ音つきで解説してみたいと思います。

 

☆手持ちのチェロ音源について☆


1.Emotional Cello

2017 03 30 17 25 26

同じBest Serviceであとから出た、CHRIS HEIN SOLO CELLOに話題がいってしまって影が薄くなってしまっている、Emotional Celloですがなかなか個性的でイイ音源ですよ。こういったテクノロジーの世界は、やっぱり後出しジャンケンのほうが機能的には充実しているのは事実ですね。しかし個々に持つ音源のキャラクターの違いがあるので、好き嫌いは出てくると思います。

現状、持っているチェロ音源でこのEmotional Celloは作り込むのにEmbertoneほど手間もかからず、チェロの音がちょっと欲しくなったときに使いやすい音源です。鍵盤手弾きだけでも、ある程度朗々と歌ってくれます。弓のUP、Downもキースイッチで切り替えできます。音もふくよかでボディが良く鳴っている楽器の音です。ただ高音域はちょっと薄っぺらくなります。

同じ Best Service の CHRIS HEIN SOLO CELLO のほうは奏法もたくさんあって多機能ですが、どちらかというと乾いた感じの音です。Emotional Cello のほうは艶があって太い音ですね。好みの問題でしょうがボクは Emotional Cello のほうが使いやすいです。

今回のヒビノカケラでは「Let It Be」で使いました。デモソングのところはソロの部分です。キースイッチ切り替えながら手弾きして、あとから#CC入力で調整しました。

 

 「Let It Be」ヒビノカケラ Vol.11 より

 

2.Blakus Cello

2017 04 01 12 01 14

ものすごくクセの強い音源です。出音が不安定なため打ち込み入力では困ります。手弾きでもラウンドロビンOFFでも予測つかない挙動をします。それと入力後に#CCの調整は必須で、これをしないと無表情な演奏になってしまいます。手弾きだけでは味気ない表情なので、ライブなどで使うのでしたらコントローラは必須ですね。この音源は状況に応じて、「フルで#CCコントロール調整できるパッチ」(製作向き)と「モジュレーションのコントロールだけで表情付けが出来るパッチ」(LIVE向き)が選べるようになっています。

あたりまえですが手を入れるとほんとうにイイ感じに化けてくれます。より細かな設定で本物らしい演奏に近づけていけます。音色も前に出すぎず、後ろに引きすぎずイイ感じです。ちなみにEmbertoneのViolinとViolaは「弓の当たる位置を#CCでコントロールして動かせます」のでより深い表現が可能です。でも、このチェロだけ出来ません。アップグレードしないのかな...。

なんやかんやいっても、曲の中で「いかにもチェロ」という感じの音が欲しいときはこれになることが多いです。前述したEmotional Cello はちょっと高音がシンセっぽくなるところもあって、作り込める余裕があるときはEmbertoneを使うことが多いですね。Embertoneはボクがソフトウェア音源にハマるきっかけになったメーカーなので、ちょっとした思い入れもあるのかもしれません。

ヒビノカケラでは、「なごり雪」で使っています。この曲では音の立ち位置は若干、後ろに引いた感じなのですが、曲の中で隠れることなく前に出すぎることもなく、イイ味を出してくれています。

 

「なごり雪」ヒビノカケラ Vol.11 より

 

3.Tina Guo

2017 04 01 12 13 04  

チェロ音源というよりも単純に曲を盛り上げるときに使います。朗々と歌ってくれるのですが、この音源のキャラクター上(後述)使いどころは決まってきます。「ここはTina Guoで盛り上げて...」みたいな感じで使うことが多いです。手弾きだけでも色っぽい(写真の奏者のことではなくて音ですよ!)ですが、#CC入力でさらにぐっと盛り上げていきます。

ボクはTina Guoの二胡とかエレクトリック・チェロが入っているバージョンを使っている(エフェクトが豊富でコチラも結構、面白い使い道があります)のですが、この朗々としたチェロの感じだけが欲しい場合は「Legato」単品で充分で、コスパも最高です。ヴァージョンが1.2になってからレガートのかかり具合も調整も出来るようになりました。

でもサラッとした演奏は苦手なので使えません、早いパッセージも弾けません(笑)。柔軟性に富んだ表現をしたいときは、EmbertoneかEmotinal Celloです。これを作っているメーカー、Cinesampleというメーカーは他の音源、StringsやBrassも素晴らしく音が良いのですが使いどころが決まってくる感じです。

ヒビノカケラでは「マイ・ウェイ」で使用しました。この録音でのバックトラックはすべてハードウェア音源を使ったので、Tina Guoを使って弦のリアルな質感をだしました。

 

「マイ・ウェイ」ヒビノカケラ Vol.11 より

 

 

ヒビノカケラの音楽は 下記のリンクよりお聴き下さい!

Apple Music  *1

Spotify *2

 

*1 Apple Misicで音楽を聴くには、月額 プラン(980円)に加入する必要があります。 *2 Spotifyで音楽をフルコーラスで聴くには、アプリ(無料)をインストール必要があります。

 

音楽のダウンロードは下記より!

Amazon

 

 

 

 ☆終わりに☆

これからも音源は何かと増えていくと思います。新音源の感想は折に触れて書いていきます。

ソフトウェア音源はいろんなものを物色し出すとキリがなくなって、ついつい財布ひもが緩んで買ってしまいそうになります。でも、やみくもに購入してしまうと機能を覚えたりする時間が無かったりして、使いこなせないままハードディスクの肥やしになってしまいます。充分時間の取れるときに新音源は導入したいと思っています。そうやって自制することで、お財布にも優しい製作ペースを保っていこうと思っています−!

これだけあれば充分というのはなくて、それぞれの持ち味を活かして使っていきたいですね。

ソフトウェア音源を使うと、知っている楽器はもちろんのこと、いままで使ったことのない楽器の動きや響きをより深く研究しようとする、音に対する探究心や創作の意欲をもらうことが多いです。

 



ブログランキングに参加中です!
是非、クリックお願いします〜♪

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0
<スポンサーリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。