海外用にマネジメント

03 22 17

Papy Rus」の海外マネジメントの準備をしています。コンテンツが少ないので、マネジメントに今、時間とお金をかけても意味が無いので、もう少しコンテンツを増やしてから本格的に動かしていこうと想っています。HPは基本的に英語になります。今はまだ部分部分、工事中です。

 

ネットでのミュージック・マーケッティングは海外のほうが断然やりやすく、マネジメントをサポートするビジネスも結構たくさんあります。ビジネスはビジネスというところですね。もちろん、ただカネを払えばなんとかなるというのではなく、相互利益をふまえての話です。

 

日本では社会的証明(ドラマ、CFで使われました〜等)のないものは見向きもされません(これらに関わるために圧倒的なコネが必要となるのです)が、海外(米、仏、英など)は、かなりオーディエンスの多様性があり自由度も高いです。

なんやかんやいっても日本でいる以上、日本での活動は地道に続けていきます。ただ、「Papy Rus」は海外向けに作り込んでいこうと思っています。

 

コンセプトもaccordinaとErectroというだけでは、いまいちわかりにくいので、もっとわかりやすいものしようと思っています。そのあたりはまた後日。

papyrus.xyzで書いているブログ記事は休止して、すべての記事はコチラで掲載していきます。当初、英語で記事を書こうかと思っていましたが、今のところ、いろいろやり過ぎて手一杯なので、まずは創作のほうに時間を割くことにします(それに日本語ですらまともにかけてないので...)。

 

かなりマルチタスクになってきていますが、それはそれで愉しんでます(笑)。諸々の準備を考えると、「Papy Rus」の新しいコンセプトは8月くらいからの開始となりそうです。

 

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です