めぐり逢い

愛犬の「いと」が悪性リンパ腫になってあっけなく亡くなってから、少し頭がぼーっとしたままの日々が続いていました。覚悟はしていたのですが、のぼせたような状態がしばらく続き、仕事への集中力も途絶えがちでした。

音楽も締め切りぎりぎりまで完成できず、納期を過ぎてからのやり直しや修正など、ディストリビュータや事業所の方々には、ほんとうに迷惑をお掛けしてしまいました。

 

IMG 2310

もうひとりの愛犬「ハル」は「いと」が病気になってから、実家に預けたままで半年が過ぎてしまいました。実家の両親にとってもうハルは家族の一員のようになって離れがたくなっています。なので、こちらに連れ戻すのも少し気が引けました。

両親もまた長年連れ添った犬を亡くしたところで、落ち込んでいた父も「ハル」が来てから、また散歩の習慣を取り戻しました。そして忠犬のように母に寄り添っていつも守っています。

 

☆里親の話☆

そんなおり、犬の里親募集をブリーダーさんがしているのをききました。早速、連絡して尋ねたところ、丁度、「いと」と同じ歳の五歳のシーズーがいるというので見に行きました。
 

最初見てびっくりしたのは、あまりの体重の軽さです。鳥のように軽いのです。3.5キロ...シーズーなのにチワワ並みです。抱き上げても犬というよりもほんとうに鳥のようです。
 

やせこけて目がぎょろぎょろして骨と皮だけ、もうアウシュビッツの捕虜収容所で監禁されていた人のような感じです。

 

連れて帰ってから預かれるかどうか1週間様子を見てください、とのこと。なんでも前に一度連れて帰った人がやっぱり無理、といって戻されたらしいです。どうみても、かわいらしい感じよりも「気の毒な感じ」の犬です。

お迎えに行った時にはキレイにシャンプーしてもらっていました。 家に連れて帰ってからはほとんど寝ています。

IMG 0006

病院で簡単な検査もしてもらって健康上は問題ないようなので、しばらく預かることにしました。今後、「ハル」ともやっていけるかテストしないといけません。

人と目を合わすこともありません。目やにで濁った目の奥はうつろで浮浪者のようです。
 

 

 

「いと」の治療用のビタミン剤の点滴などがまだあったので、それを使用してみました。食事も高カロリー高タンパクの食事がたくさん余っていたので与えてみました。

少し元気になって人の顔も見るようになりました。まだまだ痩せてガリガリですが、

50494522243 C8A43064 1364 4A17 BEDC 2A69388FDD09

ん?

なんか、

眉毛濃い?

芸人の「イモト」さん?
 

☆そして家族になりました☆

いまでは順調に回復して健康そのものです。

IMG 0040

毛も伸びたので異様に濃い眉毛も目立たなくなりました。身体も太ったので飛び出していた眼球も普通の状態になって、かさかさに乾いていた目も良くなりました。

実家にいる「ハル」ちゃんともお互い嫌がる様子も無く、かといって仲良くするわけでもありませんでしたが、特に問題ないようです。
 

一緒に暮らし始めて、

トイレの粗相もすることも無く、

「お座り」もすぐ覚えました。

いまではもう、人の歩く後をついて回るようになりました。 

 

そうそう、まだ名前をつけていませんでしたね。

IMG 0041

「いと」が亡くなってめぐりあったこの子に、「めぐ」と名付けました。

もう家族の一員です。

 

そして偶然気がつきましたが、

このブログを書いている、

2月23日は「めぐ」ちゃんの6歳の誕生日です。

 

 

Share on Facebook18Tweet about this on TwitterShare on Google+0

めぐり逢い」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です