ヒビノカケラ Vol.8

Hibinokakera8+

「ヒビノカケラ Vol.8」リリースされました。

今年からジャンルが「ポップス」になっています。オリジナル・メロディを歌い込む感じで作っていきます。

今回の録音ではギターとベースを全曲のベーシックトラックに使いました。

 

使用したベースとギターは、

 

中学生の時から愛用の年季の入ったギターと

IMG 2804

 

超お気に入りTuneのアコースティックベース、

IMG 2805

 

 

このギターとベースを中心に、それぞれの曲のバッキングにアコーディオンを使用しました。

IMG 2802

バッキングのアコーディオンには音の立ち上がりが良い、スタンダードベースです。 

 

☆イマジン☆

これは最初ギターパートとリズムトラックを製作して、Bメロとさびの部分にアコーディオンを入れました。アコーディオンは白い方のアンティーク・アコーディオンです。この楽器のちょっと不安定な感じが曲全体にイイ味を出せました。

この曲はいろんなヴァージョンで演奏しているのですが、今回は「天気の良い日に青空の下で物思いにふけっているような感じ」にしてみました。

 

☆I Love You☆

この曲は最初にアコーディナだけで録音しました。それを聞きながらピアノを演奏しました。間奏とサビのバックはソフトウェア音源のチェロとヴァイオリンを使いました。チェロは「cinesamples」、ヴァイオリンは「embertone」です。サビの部分の弦のアレンジは以前にアコーディオン・ソロで演奏したものです。

もう二度と触れることができなくなるかもしれないもの、まだそこにいることを確認するかのように、今この瞬間に存在することを慈しむように演奏してみました。

 

☆サボテンの花☆

これはクリックを聞きながらアコースティックベースを最初に録音しました。アコーディオンは金色のホーナーを使いました。リズムを刻むときには安心して使えます。ピアノはホンキートンク風で自由に弾いてみました。ちょっとした色づけにKOMPLETE11についている「Session Strings」「Session Hones」を使いました。「Session Strings」は評判良くないのですが、こういった曲で過度な表情が必要の無いときには良く合います。

哀しくせつない曲なのですが、そこを開き直って明るく前向きに生きていくような感じにしてみました。

 

下記のリンクよりお聴き下さい!

Apple Music  *1

Spotify *2


*1 Apple Misicで音楽を聴くには、月額 プラン(980円)に加入する必要があります。
*2 Spotifyで音楽をフルコーラスで聴くには、アプリ(無料)をインストール必要があります。


音楽のダウンロードは下記より!

iTunes

Amazon





Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0


痩せ菌を増やすサプリメント「くろしろ」



<スポンサーリンク>

ヒビノカケラ Vol.8」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。