NIのピアノ音源比較 GIANT

Native Instruments のピアの音源、GIANTについて書いてみたいと思います。

2016 08 15 14 39 30

<スポンサーリンク>


NIのピアノ音源比較 GIANT

 

概要

NewImage

実際に9フィートの共鳴板(コンサートグランド・ピアノの約2倍)を持つ巨大なピアノ、「the Klavins Piano Model 370i」の音をサンプリング。このことからも、音源そのものも通常とは変わった使用法が考えられますね。

2種類の設定

GIANTの音色(patch)は二種類、通常のピアノとパーカッション的な使い方もできるシネマティックというのがあります。シネマティックのほうに切り替えるとGUIも幻想的な夜の景色に変わります。シネマティックにある音をもう一つのブログでのほうの「押し入れの死体」という曲で使いました。そちらの方もご参照ください。

2016 08 15 14 39 59

 

シネマティック音源

そして、シネマティックのほうは設定も各サンプルにエンベロープとフィルターを使用することができ、幅広い音作りが可能です。これはかなり楽しめそうですね。

2016 08 15 14 56 14

CONVOLUTIONでサウンドキャラクターを選びます。

グラフィックからもそのサウンドイメージがわかりやすいです。

2016 08 15 17 19 59

デモ楽曲

今回は、GIANTだけで複数のトラックを使って楽曲をつくりました。

 

それでは、次回また!

関連記事

Native Instrumentsのピアノ音源

ピアノ音源 全般

 

ブログランキングに参加中です!
是非、クリックお願いします〜♪

<楽器や機材を探すなら>
サウンドハウス

楽天市場でお買い物

 



もしこの記事が気に入ったら
Facebookでイイネ、または
Twitterでシェアしてくださいねー♪

Share on Facebook8Tweet about this on TwitterShare on Google+0
<スポンサーリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。