You Raise Me Up

 

7歳のボクが癌と診断されたときに、

父はいつもと変わらず仕事に行き、

いつもと変わらず仲間たちと冗談を言い合って、

 

事情をよく知っている人からは、

「よくあんなに平気でいられるもんだ」

と、陰で言われていたそうです。

 

今ほど医療技術も進歩してなくて、

当時不治の病といわれていた癌。

 

そして、何事もなかったかのように

平然と仕事をしている父。

 

しかし、後で母から聞いた話ですが、

父はひとり隠れて、

「なぜこの子がこんな目に...」

といいながら泣いていたそうです。

 

後にも先にも

父の泣いている姿を母が見たのは、

このときが最初で最後。

 

人はどんなにつらくても

どんなに悲しくても

愛するものを守るために

自分のなすべき事をしなければいけません。

 

つらさや悲しさを理由に

それを放棄することは許されないのです。

 

あのときから生き続けている今、 

自分もまたそのことを胸に刻みながら、

生きている限り

命のかよった音楽を作っていきます。

 

 

 You Raise Me Up

 

とんでもないトラブルに巻き込まれて、

もうどうしようもなく

落ち込んでしまったとき、

 

ボクは待っているのです。

君がそっと

ただ静かによりそってくれるのを。

 

君がそばにいるだけで、

どんな困難も乗り越えて

やり遂げることができるんだ。

 

そう、君がいてくれるだけで、

ボクはいつもよりも強くなれるのです。

 

 

そう、君がボクを強くしてくれるのです。

 



訳詞:カミデタカシ

Share on Facebook19Tweet about this on TwitterShare on Google+0
<スポンサーリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。