Blue / カミデタカシ

ヒビノカケラ Vol.2」 の第3曲目はオリジナル曲「Blue」です。

 

 

かなり前にブログにUPした曲で、これを新しく録音し直しました。アコーディナはBorelをつかいました。以前のものはピアノとアコーディナのデュオでしたが、今回はここにギターを加えました。

 

使ったのは1964年製のギブソンのクラシックギターです。ギブソンのクラシックギターというのも珍しいのですが、さらにこれは一回り小さめのパーラーギターです。小さいボディから考えられないくらいに、深いイイ音がします。ボクの持っているギターの中でも一番のお気に入りです。

IMG 2017

 

タイトル曲の「Blue」ですが、日本語でのイメージではそのまま青色なのですが(笑)、英語ではBlueは憂鬱な感じをイメージします。しかし、それだけではなくて美しいBlueもやはり存在するわけですから、イメージ転換するだけで憂鬱な「Blue」もやがて美しく輝く「Blue」になるかもしれません。そういった、ちょっとしたきっかけが優しい言葉だったりするわけですよね。この曲はそんな優しさで包み込む感じを音で表現してみました。

 

Blue」はいつも輝くように美しいです。でも、憂鬱なBlueも悪くないですよ。そんなときもありますよ。気にすることはないですよ。本来のアナタを取り戻すことができれば、いずれ光り輝くBlueに戻るのですから。

 

ヒビノカケラ」、毎月第1水曜日、好評配信中です!



2

Share on Facebook14Tweet about this on TwitterShare on Google+0


痩せ菌を増やすサプリメント「くろしろ」



<スポンサーリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。