4月からの予定

Accordion

ある配信事業者からクレームが来ました。

「この写真、顔のところがボケていますがこれを使ってもよろしいのでしょうか?」

「はい、そうです。わざとそうしているのです」

 

お気づきの方もいるかもしれませんが、先日配信になったアルバム「accordion」。アルバムジャケットは顔の部分にピントが合っていません。フォーカスはアコーディオンの方に合っています。さらにこれをレタッチで顔の部分を滲ませて解像度の悪い写真のようにしています。

 これは先日もお伝えしたように、

アコーディオン奏者としてはおおやけの場からはフェードアウトしていくということです。だから顔はぼかしてあるのです。アコーディオン演奏は音楽配信のみで実演家としてはアコーディオンを弾きません。

もちろん個人的にアコーディオンは弾き続けますし、作品も作っていきます。しかし、3年ほど前からいろいろオファーいただいたお仕事も、のらりくらりとお断りしていました。その間、アコーディオンは実演家として活動していなかったので、それほど支障をきたさないと思います。

アコーディオン演奏はクラシック曲を中心に演奏したものを配信のみで発表していきます。

 

*4月からの予定

  • パピルスで配信、およびライブ
  • ヒビノカケラで毎月3曲制作 配信のみ
  • オリジナル楽譜の販売(5月より)

という感じになります。

 

いずれにしても、音楽配信が中心となります。

 

*ライブについて

そしてライブはパピルスのみとなります。 

これはわかりやすくするためにパピルスと書いていますが、ようするに「アコーディナ」を中心としたコンピュータを使ったエレクトロニックな演奏です。別に「カミデタカシ」でも良いのですがアコーディオン奏者と混乱しないためにそのように使い分けています。これは、もう少し準備が整ってからスタートする予定です。

 

 

*ヒビノカケラ

インターネットで音楽を通してアナタとつながろうという試み、それがヒビノカケラです。毎月3曲、第一水曜日に配信していきます。7月配信分を現在制作中なので、8月以降の配信曲でアナタのリクエストにお答えしますアナタの大切な思い出の曲を教えて下さい

出来ればそのエピソードも添えて下さい。今はまだリクエストが少ないので、ほぼお答えすることが出来ます。あまり「ヒビノカケラ」とかけ離れた音楽スタイルは再現が困難なのでお断りする場合があります。 あらかじめご了承下さい。

1

リクエストは「お問い合わせ」フォームからメッセージを送信して下さい。 

 

*オリジナル楽譜の販売

5月より「オリジナル曲」楽譜販売を開始します。パッケージ内容は、

  1. ピアノ楽譜
  2. コード付きメロディ楽譜
  3. 模範演奏(24bit 96kHz ハイレゾ音源)

となります。パッケージはダウンロード販売となります。

 

著作権協会管理楽曲ではないので、演奏会やライブで自由に使っていただけます。*注

 

アナタの生活の中にいつも音楽がありますように〜♪

 IMG 2513

*注 楽曲を営利目的利用の場合はこの限りではありません。その場合は権利者への承諾が必要となります。




Share on Facebook10Tweet about this on TwitterShare on Google+0
<スポンサーリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。