素顔のままで / Billy Joel

 

 時々、ピアノバーなんかで

お客さんがピアノ演奏を披露することがあります。 

ビックリするくらい上手な人もいますよ 。

 

 

でも、彼らは自分のために演奏しているのです。

どうですか、すごいでしょ

といいながら演奏しています。

 

ほんとうの演奏家というのは、

演奏なんかできてあたりまえで、

自慢している時点でもう恥ずかしいのです。

 

 

大切なことは自分の持っているもので、

自然な状態で人を幸せにすることができるか

どうかということです。

 

 

人には生まれつき人を幸せにする能力があるのです。

もちろんそれを努力して

伸ばさなくては意味がないのですが、

才能というものはそういうものだと思うのです。

 

肩肘張って自慢しても誰も幸せにできませんよ。

 

誰かを幸せにしてこそ、

その才能はほんとうに

意味あるものになるのだと思います。 

 

誰かをひとりでも幸せにすることができれば、

もうそれでその人は

生まれてきた価値があるというものです。

 

あなたが幸せにした

たったひとりの人が、

 

もしかしたらその人から

どんどん幸せが広がって、

何千万もの人を

幸せにするかもしれないからです。

 

*この曲の制作ノートはこちらです。 

アコーディナとピアノ演奏:カミデタカシ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。